選べる!探せる!クレジットカード徹底比較サイト

MENU

クレジットカードを探す

初めてのクレジットカード 審査について徹底解説

こんな人に
オススメ

  • 初めてクレジットカードを作る人、
    審査について知りたい人
初めてのクレジットカード 審査について徹底解説

初めてクレジットカードを作る時、気になるのは、審査に通るかどうかですよね。作りたくても審査に落ちたという話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。結論を言うと、初めて作る人は基本審査に落ちるとはありません。では、その審査とは何を基準にして行われているのか、そして審査に通りやすいカードはどれなのか、解説していきましょう。

クレジットカード審査とは

審査が必要な理由

クレジットカードを利用するということは、クレジットカード会社から借金をするということです。クレジットカード会社も信用できる人にしかお金を貸したくないですよね。そのために、審査が必要なんです。クレジットカードを申し込むと、必ずこの審査がついてきます。

審査で見ている3C

では審査では一体何を見ているのでしょうか。具体的には、Capacity(返済能力)、Capital(資産や財産)、Character(本人の性格)の3Cが見られています。

・Capacity(返済能力)
年齢、職種、勤務先の規模、雇用形態、勤続年数、年収額、借入額でその能力を見ます。勤続年数は長い方がいいと言われています。勤務先への在籍確認は基本ありませんが、カード会社が必要と判断したときだけ、在籍確認があります。

また、年収額は必ず本当の金額を書きましょう。見栄を張って虚偽申告はしないようにしてくださいね。収入のない主婦の方でも申し込むことは可能ですが、カードによっては審査が通らないこともあります。

・Capital(資産や財産)
住居など担保している不動産があると審査は有利になります。

・Character(本人の性格)
返済日に遅れることなくきちんと返済できているか、いわゆるクレヒスを確認しています。そのため、初めて作る人は、クレヒスがない状態なので、今後への期待として発行してもらえます。

スコアリングシステムで評価

審査では、スコアリングと呼ばれるシステムで点数化しています。この点数の項目は、年収、居住形態、年齢、家族構成、雇用形態、勤続年数、他社借り入れなどです。どのカード会社も基本はこのシステムを利用しています。ただ合格点がカード会社により異なるため、審査に甘い・厳しい会社が混在しているわけです。

スコアリング後に、延滞情報や借り入れ実績などの信用情報を調査をしています。連続した返済遅延を起こしていないか、他社の借り入れは正常に返済しているか、収入に対し借り入れ額の比率は正常範囲内かどうか、キャッシングの借り入れ額が多くなっていないか、JBA(銀行個人信用情報センター)での借り入れに問題はないかどうかなどです。

ただ、これらもクレジットカードを今まで利用したことがある人が対象になる項目なので、初めて作る人はクリアしているというわけです。

しかし、30代以上の方でクレヒスがない人は審査に不利だと言われています。それは、クレヒスがないということは、返済能力があるかどうかを確認できないからです。クレヒスをクレジットカード以外で作る方法として、携帯電話を分割払いにし、きちんと支払いをするといいでしょう。

初めてのクレジットカード 審査について徹底解説

審査がなかなか通らない時には

クレジットカードを作りたいのに、審査に通らないという方も中にはいるのではないでしょうか。その場合は、情報開示をしてみましょう。
CICでは、申し込みをすれば、自分の信用情報を確認することができます。CICに加盟しているクレジット会社などの会員会社との契約内容や支払い状況等の信用情報を確認できる制度。自身の情報が現在、信用情報機関に登録されているのか、またはどのように登録されているかを確認することができます。この情報開示により、自分の社会的信用度を知ることができます。
詳しくは、CICのHP ( https://www.cic.co.jp/mydata/index.html )を確認しましょう。

審査が通りやすいクレジットカード

① ACマスターカード

審査時間が最短30分、最短でその日に受け取り可能なカードです。

② ライフカード

消費者金融アイフルの完全子会社であるライフカード株式会社が発行しているカード。銀行系のクレジットカードに比べて、審査難度が低いと言われています。

③ アメックス・グリーンカード

外資系のクレジットカードで、日本と審査基準が異なるためです。日本の審査基準はクレヒスのように過去を気にしますが、外資系は現在の状態を注視します。ステイタスの高さがあるカードですが、現在の状況を重視するカードなので、定職に就いている人は作りやすいカードです。

④楽天カード

流通系クレジットカードで間口が広く、作りやすいカードと言われています。
楽天カードについて詳しくはこちら

まとめ

初めてクレジットカードを作る方向けに、クレジットカード審査の基礎知識と、審査に通りやすいカードについてご紹介してきました。住宅ローンを組む際などにも信頼実績が大切になります。その時に過去の信頼情報がないとローンが組みにくくなることも。社会的信頼を築いていくためにも、最初の1枚を選んでみてくださいね。

楽天カード

3.29

審査難易度低、スピード発行、オンライン発行、デザインカードで人気の高いクレジットカード『楽天カード』のカード券面

ポイント還元率
1.0% (最大8.0%)
おすすめポイント
基本還元率1.0%の高還元率カード!更に楽天市場での利用でポイント3倍!楽天グループを利用される方は是非持っておくべきカードです。
  • 審査難易度低
  • スピード発行
  • オンライン発行
  • デザインカード
年会費
初年度 二年目~
永年無料 永年無料
金利
ショッピング キャッシング
15% 18%
ポイント
  • ・還元率1.0% (楽天ポイント)
  • ・楽天グループ各サイトの利用でポイント優遇