選べる!探せる!クレジットカード徹底比較サイト

MENU

クレジットカードを探す

クレジットカードの最高峰、ブラックカードはどんなもの?

こんな人に
オススメ

  • ブラックカードに興味がある人
クレジットカードの最高峰、ブラックカードはどんなもの?

カード発行会社の最上位カードの総称であるブラックカード。まさに庶民には手の届かない「選ばれし者」のためのカードです。ブラックカードが実際どんなものなのかは、どんな人が持っているのか…気になる人も多いはず。この記事でブラックカードについて解説していきます!

そもそもブラックカードとはどんなもの?

ブラックカードとは?

ブラックカードの定義は「クレジットカードのグレードの中で最上位に位置するカード」。もともと、アメリカン・エクスプレス社が2002年に日本で最初に発行したのがブラックカードの始まりと言われています。この時のカードの色がブラックだったため、ブラックカードとの呼び方が世の中に浸透しました。ちなみに、カードの色が黒くてもデザイン上黒いだけで、ブラックカードではないものも多数あります。

ブラックカードを保有できる人

ブラックカード自体にもグレードのようなものがあり、会社によってその基準が違ってくるので、一概には言えません。しかし、必要年収はだいたい平均1,000万~2,000万円と言われています。庶民に手の出せるカードではないのが現状です。

ブラックカードの種類とは?

ブラックカードの中には大きく分けて、年会費が高くサービスが充実している真のブラックカードと、プラチナレベルや一般カードレベルの「ブラック風」のカードの二種類があります。

年会費5万円超!真のブラックカード

・アメックス「センチュリオンカード」
日本最高峰のステータスとサービスを誇るカードのひとつ。カード会社から招待を受ける条件が非常に厳しく、入会金だけで54万円、年会費35万円で、全てのクレジットカードの頂点に立つ1枚と言えるでしょう。またコンシェルジュサービスに関しては専任の秘書がつくようになるので、プラチナカードの時よりも格段に質が上がります。さらにカードの限度額はありませんが、2億円程度のデポジットが必要です。
付帯サービスにはたとえば以下のようなものがあります。

  • ファイン・ショッピング:国内の提携有名ブランドショップで、営業時間外でも買い物が可能。
  • VIPエアポートサービス:海外での入出国時にゲートで現地係員が出迎えをしてくれてサポートしてもらえる。
  • 誕生日プレゼント:誕生日の日にプレゼントが送られてくる。
  • メンバーシップ・リワード:ポイントシステム。交換商品には「宇宙旅行(約22億円のカード利用)」や「アルファロメオ(約5億円のカード利用)」なども…。

・ダイナースクラブ「プレミアムカード」
世界一のステータスを誇るカード。ダイナースクラブは、一般カードであるダイナースクラブカードでも年会費2万2千円+税と高めの設定ですが、プレミアムカードは年会費13万円+税。家族カードは無料で発行できます。年会費はアメックスセンチュリオンと比べると安く感じますが、提供しているサービスは質が高いので、センチュリオンよりもコスパがいいとも言えます。もちろんインビテーションがなければ手にすることができない招待制なのですが、ブラックカードの中では比較的一般人でも入会できる可能性が高いカードなので、まずは ダイナースクラブカード をゲットすることから始めたいところです!
カードの利用可能枠に一律の制限がないことに加えて、カードの利用1件100円につき2ポイントたまり、1,000ポイントが1,000マイルに交換できるのでカードの利用でお得になりやすいです。
付帯サービスとしても、コンシェルジュサービスを始め以下のような豊富な保険が付くので、旅行時を中心に安心して生活を送ることができます。

  • 外貨盗難保険:最高10万円
  • キャンセルプロテクション:最高20万円
  • ゴルファー保険:最高1億円
  • 交通事故傷害保険/賠償責任保険付き:最高10万円/最高1億円

ほかに、こんなブラックカードもあります。

・スルガ銀行「VISA Infinite(インフィニット)カード」
国内で発行されるVisaブランドの最上位クラス。Visaブランドのクレジットカードは三井住友カードから発行されていますが、Visaのブラックカードは三井住友カードでは取り扱いがありません。三井住友VISAプラチナカードを所持していても、ブラックカードのインビテーションは届かないということです。Visa infiniteカードは静岡県沼津市に本店を置く、地方銀行のスルガ銀行が国内の発行会社。スルガ銀行が発行するクレジットカードを作るには前提としてスルガ銀行の顧客であることが条件となり、社会的ステータスが高い方でもスルガ銀行と取引のない方がVisa infiniteカードを作ることはできません。

クレジットカードの最高峰、ブラックカードはどんなもの?

年会費5万円以下の「ブラックっぽい」カード

以下の2つはランクとしてはプラチナクラスのものです。

・楽天ブラックカード
楽天カードの最上級ランクが「楽天ブラックカード」。年会費は3万+税。階級的にはプラチナカードになります。ただ、楽天ブラックカードの審査基準はかなり厳しいことで知られており、直接申し込みも可能ですがインビテーションを待つのが現実的でしょう。

・JCB ザ クラス
JCBカードの最高ランクに位置するのが「JCB THE CLASS」。年会費5万円で階級的にはプラチナカードにあたります。入手方法はインビテーションのみで、インビテーションの基準としてある程度の年収も必要ですが、それと同等にJCBカードの利用実績が重視されるのがポイントです。
階級的にはあくまでプラチナカードなので、サラリーマンでも持っている人は結構いるとされています。

また、ランクとしては一般カードですが、デザインがブラックのものもあります。

・オリコカード・ザ・ポイント(Orico Card THE POINT)
シンプルなブラックデザインカード。オリコカードで、マスタカードのマーク以外はブラック一色のデザインになっているのがポイントです。一般カードにしか手が出せないけど、ブラックのデザインがかっこいいという見た目重視の方にはおすすめできます。

クレジットカードの最高峰、ブラックカードはどんなもの?

まとめ

ブラックカードがどんなものか、イメージがついたでしょうか。庶民には手が届かない…と思ってしまいますが、カードを持つ人にとっては憧れのブラックカード。最終的にブラックカードを持つことを目標に、クレヒスを積み重ねてみてはいかがでしょうか?目指すだけならタダです!