選べる!探せる!クレジットカード徹底比較サイト

MENU

クレジットカードを探す

初心者でも使いやすい法人カード徹底解説!

こんな人に
オススメ

  • 法人カードに興味がある中小企業の人
初心者でも使いやすい法人カード徹底解説!

 経営者の方であれば、法人カードを作ると経費精算が楽です。経営に法人カードを使うとメリットがもりだくさん。ここでは法人カードの基礎知識と、使いやすいおすすめの法人カードをご紹介します。

法人カードとは法人のためのクレジットカード

初心者でも使いやすい法人カード徹底解説!

 企業(株式会社や有限会社)のためのクレジットカードのこと。主に会社の経費(交通費や公共料金など)を支払うことができます。「コーポレートカード」は大企業向け、「ビジネスカード」は中小企業や個人事業主向けの法人カードと使い分けられています。本記事では主にビジネスカードについて重点的に解説していきたいと思いますが、いずれにせよ、法人カードは事業効率化を図るうえでとても重要なアイテムなのです!

一般カードとの違い

 大きな違いとしては、会社名義の銀行口座を引き落とし口座に指定できること、法人・個人事業主向けに特化した特典・付帯サービスが充実していること、キャッシング機能が付帯されていることが少ないことの3点があります。
 法人カードは会社名義の銀行口座を引き落とし口座に指定できるので、経費決済の一本化が可能。引き落とし口座を見れば一目で総経費がわかるので管理が簡単になり、経理担当の負担が減ります。また、一般カードとは違い、法人代表者や個人事業主の方にとって嬉しいサービスが充実。限度額が高く設定できたり、事業の効率化に貢献するサービスを優待価格で利用できたりと、まさにビジネスマンに欠かせないサービスが充実しているのです。ただし、貸し倒れのリスクを回避するため法人カードにはあまりキャッシング機能が付帯されていないことが多いようです。
 ちなみに、一般<ゴールド<プラチナと法人カードにもランクがあります。ランクの考え方は普通のカードと同様です。

おすすめの法人カードをご紹介!

 法人カードでは、新規発行のスピードと審査のハードル、キャッシュバックができることが重要なポイントになっています。以下では、上記の観点からおすすめの法人カードをご紹介します。

すぐ発行できる法人カード

 一般的なクレジットカードと違って法人カードは審査に慎重で時間がかかります。法人であれば個人よりも信用度が高いと思うかもしれませんが、法人は倒産リスクが高く、倒産するとカード会社は回収ができなくなることから、貸し倒れのリスクが高いのです。そのため、どんなに対応が早くても即日で法人カードが発行されることはありません。
 ただ、発行スピードが早い法人カードは存在するのでご紹介します。

①セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

 審査対象が法人ではなく個人なので審査が早いです。なんと最短3営業日で発行可能。
 年会費は初年度、2年目以降ともに20,000円(税別) で、ETCカードは無料で発行できます。利用限度額は1,000万円です。

②ライフカードビジネスライト(スタンダード)

 利用限度額は高くない分、審査も早めの最短4営業日。年会費は初年度も2年目以降無料、追加カードやETCカードも無料で発行できます。利用限度額は10万~200万円。

初心者でも使いやすい法人カード徹底解説!

審査のハードルが低い法人カード

 「起業したばかりで審査に自信がない」という方でも審査に通る可能性のある法人カードです。しかし一般にビジネス向けカード審査で大きなポイントとなるのは経営実績。目安は起業から3年と言われており、これ未満だと審査に不利にはなります。ただ3年未満だからといって即審査落ちする訳ではありません。
 法人カード審査では経営者個人のクレジットヒストリーを参照することになるので、あなた自身の信用情報が問題となります。つまりクレジットカードの選び方次第で審査に通ることも可能なのです。企業からすぐの人でも審査に通りやすい法人カードを以下で紹介します。

アメリカン・エキスプレス・ビジネスカード

 アメックスが外資系のクレジットカード会社ゆえに審査ハードルが低いです。起業して1年以内でも入会できるビジネスカードとして有名。アメリカのチャレンジ精神を評価する基準は、起業したての個人事業主の方にも有利に働くというわけです。
 経営実績やクレジットヒストリーに対する評価も国内基準とは異なり、アメックスの欧米式審査においては過去の履歴にそこまで重点をおかずに、多角的で総合的な審査が行われます。信用情報に自信のない方もチャレンジしてみる価値があるカードです。
 年会費は31,000円+税ですが、経費として計上することも可能。アメックスならではの充実したサービスも受けられます。

キャッシュバックがある法人カード

 個人のカードであれば、ポイントが貯まった時に使い道に困るということはほとんどありません。電子マネーなどにも交換することができるので、普通に貯めたポイントをコンビニなどで使うこともできるからです。  しかし、法人カードの場合は話が別です。法人が利用した経費で得たポイントを個人が利用することはよくなく、額が高額になれば脱税ということになってしまいます。ポイントで法人のために使うものといえば、備品や事務用品。法人カードにおいてはポイントよりもキャッシュバックの方がお得になるのです。

JCBビジネスプラス法人カード(一般カード)

 年会費は1,250円+税とお手頃なカード。法人カードの月間の利用額に応じてキャッシュバック率が決まり、交通費・出張旅費にキャッシュバック率をかけてキャッシュバック金額が決まるというシステムです。翌々月のカード利用代金の支払日にキャッシュバックが実行され、ポイント型よりも使い勝手が良いのが最大の魅力です。

デビットカードを使うという手も

 「どうしても法人カードの審査に通らない」という方には、ビジネス用のデビットカードが現実的な選択肢としてあります。ビジネス用のデビットカードは、クレジットカードのような審査がない、法人カードと同じように使える、法人名義(個人事業主も可)で持てる…というとても便利な代替品です。
 デビットカードは銀行口座に入っている預金の範囲内でしか使うことができないので、後払いのクレジットカードのように与信審査をする必要がありません。なので、審査落ちが原因で法人カードを持てない方でも、持つことができるのです。社長名義の個人のクレジットカードを代替品として使うよりも、法人名義のデビットカードを持つ方が経費管理は楽になります。

まとめ

クレジットカードのキャッシング機能は、一歩使い方を間違えると返済ができなくなったり、それによって信用を失ったりという怖い側面があります。しかし、金利手数料や返済方法の種類を把握すれば、いざという時とても役立つでしょう。「キャッシングは怖いから使わない」とシャットダウンせず、ぜひこれを機に色々なクレジットカードのキャッシングの特徴を調べてみてください!

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

3.38

スピード発行、プラチナ、個人事業主可、空港ラウンジ(国内)、空港ラウンジ(国外)、プライオリティパス、オンライン発行、コンシェルジュデスクで人気の高いクレジットカード『セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード』のカード券面

ポイント還元率
0.5% (最大15.0%)
おすすめポイント
この1枚がビジネスソリューションになるステータスカードのセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
  • スピード発行
  • プラチナ
  • 個人事業主可
  • 空港ラウンジ(国内)
  • 空港ラウンジ(国外)
  • プライオリティパス
  • オンライン発行
  • コンシェルジュデスク
年会費
初年度 二年目~
20,000円 20,000円 割引あり
金利
ショッピング キャッシング
9.6% ~14.6% 18%
ポイント
  • ・還元率0.5% (セゾン永久不滅ポイント)
  • ・セゾンポイントモールの利用でポイント優遇