選べる!探せる!クレジットカード徹底比較サイト

MENU

クレジットカードを探す

未成年でもクレジットカードを作る方法

こんな人に
オススメ

  • 未成年でクレジットカードを持ちたい人
未成年でもクレジットカードを作る方法

未成年だとクレジットカードが作れないと思っていませんか?実は、場合によっては未成年でもカードを持つことはできます!どんな場合に作れて、どんな場合には作れないのかを知って、作り方をおさえておきましょう。

未成年でも条件によってはクレジットカードを作れる

未成年でカードを作れるのは高校卒業後!

未成年でもクレジットカードを作ることはできるのですが、条件があります。年齢が18歳以上(つまり18歳と19歳なら可)で、高校生は原則不可。つまり高校生以下の学生は問答無用で作れないことになっています。これは、全てのクレジットカードで同様です。

高校生がクレジットカードを作れない理由

クレジットカードは簡単に言ってしまえば「カード会社が先払いをしてくれてお金を払う前に商品を受け取れるサービス」であるため、学業が優先でバイトの賃金もそこまで高くない高校生については「後からきちんとお金を支払ってくれる」という信用が低いから、ということになります。カード会社が「あなたはお金をきちんと返してくれる人です」という信用を与えることを与信というのですが、学生には与信が与えられにくいものです。

大学生以上ならクレジットカードを作れる理由

それでも大学生からクレジットカードを作れるようになっているのは、資金が高校生よりは多いのに加え「親がどうにかするだろう」という思惑があると考えればよいでしょう。

未成年がカードを作る時の審査は厳しくない

審査の仕組みを知っておこう

カードを申し込むと、カードを発行してもよいかどうかの審査が行われ、カード会社の基準を下回ると審査に落ちてカードが発行されない、という仕組みになっています。その基準には「年齢」「年収」「他社を含む今までのクレジットカード利用履歴」があり、利用履歴というのは「この人は今までクレジットカードを使って、きちんと代金を支払ってきたか」というもので、大きな審査基準の1つになっています。
しかしまだクレジットカードを作ったことがなくて、これから初めてのクレジットカードを作ろうとしている未成年については、いわば真っ白な状態なので審査すべきポイントがほとんどないため、審査を厳しくしようがないということです。

注意点もある

ただし、未成年でスマホなどの料金を親の口座からではなく、自分名義の口座で支払っている場合には注意が必要です。スマホを買った際に分割払いなどにしていて月々のケータイ料金の支払いが遅れてしまっていると、返済能力がないと見なされてクレジットカードの審査に響くことがあるのです。何事も支払いは延滞しないようにしましょう。

未成年でもクレジットカードを作る方法

未成年の場合の「作れる条件」「作れない条件」

未成年の新社会人

高校を卒業して働き始めた新社会人は問題なくカードが作れます。クレジットカード会社は未成年の人に高くて安定した年収を求めないので収入面を気にする必要はなく、きちんと支払いを続けていくことでカード会社もあなたを信用して、利用限度額を上げるなどしてくれるようになります。

未成年のフリーター

未成年でかつフリーターの方は、作るカードをしっかり選べば作ることができます。ただ、バイトをしている学生に対しての審査は易しいが、未成年で学生ではなく、フリーターをしているという人に対しては少しだけ厳しくなってくるのが実情です。とはいっても、成人していてフリーターの人に対する審査よりは易しいものです。

未成年の学生

未成年でかつ大学生や専門学校生の学生の人は、ゴールドカード以上のクレジットカードでなければほとんど作ることが可能と考えてよいです。クレジットカード会社は、学生のことは「学生枠」という特別な枠で審査します。また、カード会社によっては学生専用カードという学生だけが作れるカードも用意していたりします。

未成年の浪人生

未成年で、かつまだ大学生などではない浪人生の方は、収入が0なので、クレジットカードを作るのは難しいです。学生専用カードも予備校生などは対象外なので注意しましょう。家族カードを発行してもらうか、高校生でも使えるデビットカードなどを活用する手段で代替しよう。またバイトをしている場合は、フリーターとして審査に通るという手段もあるようです。しかし、浪人生はまず大学に受かることを目標にするのが無難かとも思います…。

未成年の高専生

高等専門学校の学生は18歳以上かつ、4~5年生であれば、学生カードや年齢制限カードであれば作ることができます。

未成年でもクレジットカードを作る方法

未成年でも簡単!クレジットカードの作り方

「親権者の同意」は必ず必要!

注意したい点として、未成年は自分の意思のみでクレジットカード申込できないということがあります。20歳未満の場合には「親権者の同意」が必要になり、クレジットカードを作りたいと思ったらまずは両親などの親権者に相談をする必要があります。どこのクレジットカード会社でもカード入会時に絶対に必要なので、まず親などに相談しましょう。

作り方はネットで簡単

クレジットカードを作る方法には「オンライン申込」「郵送申込」「店頭申込」の3種類がある。お得なのは入会キャンペーンでポイントが貰えて、手軽に作業ができる「オンライン申込」です。

手順としては以下のようになります。

  • ①インターネットでクレジットカード公式サイトにアクセスする
  • ②必要事項を記入して申し込みをする
  • ③入会審査が行われる
  • ④審査結果がメールで届くのを1~2週間ほど待つ
  • ⑤審査通過すればカードが送られてくるので本人確認をして受取

親権者の同意は必ず必要ですが、手続きとして難しい部分はなく、未成年でも作ることができます。

未成年からクレヒスを積もう

ちなみに、未成年のうちからクレジットカードを作ってよいクレジットヒストリー(クレジットカードの利用履歴のことで、信用情報機関に記録されている利用履歴のこと)を積んでおくことで、先々にカードをグレードアップしたりするときに審査に通りやすくなったりするのでおすすめです。

まとめ

未成年でも、場合によってはカードを作ることができることがわかっていただけたでしょうか。今はインターネットで買い物をすることが多いので、未成年でもクレジットカードがないと不便と感じる人も多いはず。未成年の方はぜひ保護者の方に相談の上、賢くクレジットカードを使って自立の第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?