選べる!探せる!クレジットカード徹底比較サイト

MENU

クレジットカードを探す

海外旅行の前に確認したい!クレジットカードの基礎知識

こんな人に
オススメ

  • 海外旅行に行く予定がある人
海外旅行の前に確認したい!クレジットカードの基礎知識

 長期のお休みなどで海外旅行に行く場合、海外旅行保険に加入する方もいると思います。クレジットカードに旅行保険が付帯していると知っていても、クレジットカードの海外旅行傷害保険だけだとなんとなく不安という方も多いのではないでしょうか。(筆者もそうでした!)しかしクレジットカードに付帯している海外旅行傷害保険でも、上手に使えば、補償内容・補償金額を充実させることが可能なんです。

保険会社の保険とクレジットカードの付帯保険の違い

 そもそも、一般の保険会社の海外旅行保険とカード付帯の海外旅行保険の違いはどんなところにあるのでしょうか。

1. 補償期間の違い

 クレジットカードの海外旅行保険が適用になる期間は出国から90日。保険会社の海外旅行保険であれば日数を選択でき、日数によって保険料金がかわるという仕組みになっています。
 保険会社の保険の方が柔軟に対応可能なわけですが、旅行であれば90日間の補償がついていれば十分とも言えるのではないでしょうか。

2. 補償対象範囲の違い

 クレジットカード付帯保険は、疾病死亡には対応していません。病気を患った状態で海外旅行へ行かない事が前提とされているからです。一方で保険会社の場合は疾病死亡にも対応しているため、より手厚いとは言えるでしょう。
 しかし、実際によく使うのは疾病で、疾病死亡のケースはごく稀。日本で生命保険に入っている人も多いでしょうし、海外旅行保険でそこまでカバーしたいかどうかは人によって意見の分かれるところです。

3. 医療費の支払い方法

 クレジットカード付帯の海外旅行保険の場合、病院で受診料を一旦立替払いし、帰国後に保険金を請求する必要があるケースが多いです。一方保険会社の保険の場合、治療費を自己負担する必要なく治療が受けられるため、手続きとしては簡単になります。

カード付帯の海外旅行保険にある5つの補償

1.「傷害死亡・後遺障害」=海外での生命保険

事故死もしくは障害が残ったときに保険金がもらえます。先述の通り、持病などの病気が原因での死亡は保険の対象外になります。

2.「傷害/疾病治療費用」=海外での医療保険

ケガや病気で治療費がかかったときに保険金がもらえます。海外でのトラブルとして、医療費がかかるケースが最も頻発するので、ここの補償内容を確認することがとても大事!この内容だけでも旅行前に確認するようにしましょう。

3.「賠償責任」=海外での損害保険

他の人から損害賠償を請求されたとき、保険金がもらえます。ホテルやお店のものを壊してしまったときや、レンタルしたものを壊してしまったときなどに使うものです。

4.「携行品損害」=海外での盗難保険

持ち物の盗難や破損のときに、保険金がもらえるというもの。注意点は、置き忘れなどの「紛失」は保険対象外になる点です。

5.「救援者費用」=海外旅行保険独自のもの

 行方不明になったときの捜索費用や、重症のときに日本の家族に看病に来てもらう費用、などが発生したときに保険金がもらえます。飛行機やヘリコプターなどで病院へ医療搬送するときの費用もこの対象となります。

保険付帯カードを選ぶポイント

 ポイントは、ケガ病気の治療費がどれくらい保険でカバーしてもらえるかという点です。ケガ病気治療費用の保険金を請求する確率が一番高いため、ここが最重要ポイントになります。死亡補償や賠償金の補償はほぼ使われないと思ってよいと思います。
 海外では医療費が10割負担になるので、もしも海外で病院にかかるとなると自費負担の場合大変な高額になってしまい、そのリスクをいかに回避するかが重要なのです。
 カードのスペックには最大保証金額=死亡時にもらえる保険金が大きく記載されていますが、死亡時ではなく病院にかかった時にもらえる保険金の額をチェックするようにしましょう。先述の自動付帯と利用付帯についても、確認したいポイントです。

海外旅行の前に確認したい!クレジットカードの基礎知識

海外にはカードは最低2枚持っていこう

もらえる保険金の上限は上乗せ可能

2枚以上を持っていると、保険金の上限額を上乗できるので(死亡補償は除く)、カードを増やせば増やすほどもらえる保険金の上限も多くなります。ほとんどの国では、カード付帯保険の上乗せで最低限まかなうことができると考えて大丈夫です。
 ちなみにカード会社が一緒でも引き受け保険会社が一緒でも、治療費用の限度額は上乗せできます。ただし、アメリカ(ハワイも含む)だけは医療費が高すぎるため、カード付帯保険でカバーしきれない点に注意が必要です。

必要なカード枚数は行く場所の医療費による

例えばアジアだったらカード2枚、ヨーロッパだったら3枚、アメリカの治療費をカード付帯の保険で賄おうと思ったら5枚…など、その国の治療費の水準によって変わってきます。旅行先の治療費事情は事前に調べておくと安心ですね。

足りないと感じる部分だけ保険会社の保険に加入する方法も

保険会社がだしている、カード付帯の保険に追加する形のお手頃な海外旅行保険のプランも存在します。もしカードの保険だけだとどうしても心もとない…という方は、必要最低限の部分だけ保険会社の保険を追加するもの賢いやり方かと思います。

海外旅行の前に確認したい!クレジットカードの基礎知識

まとめ

海外旅行に行く際に、クレジットカード付帯の海外保険が思った以上に役立つことがお分かりいただけたかと思います。海外旅行に行く前にはぜひご自分のカードに付帯している保険の種類と条件、もらえる保険金の額を確認しておきましょう!これからカードを作る予定の方にも、カード選びの際にぜひみてもらいたいポイントです。お得で安全な海外の旅を楽しみたいですね!