選べる!探せる!クレジットカード徹底比較サイト

MENU

クレジットカードを探す

実はクレジットカードが作りにくい!?「スーパーホワイト」とは

こんな人に
オススメ

  • クレジットカードやローンなどを
    一度も利用したことが無い人
実はクレジットカードが作りにくい!?「スーパーホワイト」とは

「ブラックリスト」や「ブラック」という言葉はよく耳にしたり、日常の会話の中でも例えとして使ったことがあるかもしれませんが、「スーパーホワイト」という言葉があるのは知っていましたか?「ブラックリスト」や「ブラック」の意味合いが分かる方であれば、「ホワイト」もイメージがつくでしょうか。なんとなくよさそうな印象を受ける「スーパーホワイト」ですが、実はクレジットカードが作りにくいそうなんです!ここでは、「スーパーホワイト」の意味や、もし自分が「スーパーホワイト」だった場合に救世主となるようなクレジットカードをいくつかご紹介したいと思います。

スーパーホワイトとは

なんとなく良い印象を受ける「スーパーホワイト」ですが、実際金融業界ではどういった意味で使われているのでしょうか。意外と知られていない「スーパーホワイト」についてご説明します。

改めて「ブラック」を理解しよう

スーパーホワイトをより理解していただくために、改めて「ブラック」についても説明したいと思います。実際に「ブラックリスト」というリストは存在しませんが、クレジットカードの返済が滞る延滞情報や、破産・債務整理といった金融事故情報が、個人信用情報に登録されることを「ブラックリストに載る」と表現しています。ちなみに個人信用情報とは、各金融機関で共有している情報で、そこには債権者(お金を借りた人)の氏名・年齢・性別・生年月日・住所のほか、職業や年収、現在の借入金額や過去の返済履歴等が含まれます。ブラックリストに登録された場合、キャッシングや新規でのクレジットカードの審査には通らなくなり、住宅ローンや自動車ローン、ショッピングローンなどが一定期間利用できなくなります。

スーパーホワイトの意味とは

「ブラックリスト」「ブラック」の意味が分かったところで、「スーパーホワイト」とはどういう意味なのでしょうか。先ほどブラックリストの説明でも触れましたが、「個人信用情報」には、過去の履歴が保存されているのですが、そういった金融情報が信用情報機関に一切存在しない人のことを言います。つまりこれまでに、クレジットカードやローンなどを一度も利用したことが無い人のことです。例えば学生や新社会人で、これまでクレジットカードを申し込んだことが無い、または現金主義者で、分割払いやローン、クレジットカードなど申し込んだことが無い人が該当します。

実は「ホワイト」もある

信用情報に履歴が残っていない人には「スーパーホワイト」以外に「ホワイト」という人も存在します。言葉はとても似ていますが、この2つは全く異なる状態です。実際に滞納などの金融事故を起こした人は、その情報が消えるまで新たなクレジットカードやローンの審査に通りにくくなるため、信用情報機関から情報が消えるころには、まったく記録が残らない状態になります。そういう状態を「ホワイト」と呼ばれます。「スーパーホワイト」は過去に一切金融履歴が無い人ですが、「ホワイト」は過去に金融事故を起こした可能性が高い人を指します。

なぜ「スーパーホワイト」だとクレジットカードが作りにくいの?

クレジットカードの申し込みをすると、受け付けたカード会社は審査の一環として、信用情報機関に申込者の金融情報を照会するのが一般的です。しかし「スーパーホワイト」の場合、照会する情報が登録されていないため、信用度を測ることができず審査が厳しくなりやすいと言われています。また、カード会社サイドから見れば、金融事故を起こした「ホワイト」なのか、何も履歴が無い「スーパーホワイト」なのか区別がつかないため、カード会社がリスクの高い「ホワイト」かもしれない!と考えれば、審査は通りにくくなってしまうのです。

実はクレジットカードが作りにくい!?「スーパーホワイト」とは

スーパーホワイトでも作れるクレジットカード

もしこれを読んでいるあなたが「スーパーホワイト」であるならば、早めに「クレヒス」を積み上げることをお勧めします。「クレヒス」とは、「クレジットヒストリー」の略で、いわゆる利用履歴(信用履歴)のことです。返済能力があるかどうかを判断する際に、クレジットヒストリーは使われるのですが、毎月きちんと返済できていれば返済能力がある人とみなされます。年齢が上がれば上がるほど「スーパーホワイト」は非常に不利になりますから、気づいた時からコツコツとこの「信用貯金」を貯めるべきです。クレヒスを作るのにぴったりなカードをここでご紹介したいと思います。

30代を超えたスーパーホワイトさんには「アコムACマスターカード」

学生や新社会人のスーパーホワイトであれば、カード会社も納得しやすいですが、30代を超えてスーパーホワイトだと、ますます「ホワイト」との区別がつかなくなり、審査が難しくなりがちです。そんな人におすすめの「アコムACマスターカード」は、アコムが発行するクレジットカードで年会費は永年無料。最短即日発行でき、20歳を超えていれば、たとえパート・アルバイトであっても働いていて安定した収入があれば申し込み可能です。ACマスターカードは、一般的なカード会社とは異なる独自の審査システムを用意しているため、もし他のクレジットカードを申し込んで審査落ちしてことがある人でも、審査に通る可能性が出てきます。というのも、一般的なカード会社がクレヒス(信用情報)を重視するのに対し、アコムは過去の履歴よりも申し込み時点での返済能力を重視するからです。即日発行してもらうためには、キャッシング等の利用限度額をできるだけ少なく設定することがポイントになります。まずは少額でコツコツクレヒスを積み上げていくにはピッタリですね。

ポイントも活用できるクレジットマスターを目指すなら「楽天カード」

現金主義をやめて、クレジットカードを賢く使っていこうと方向転換するのであれば、ポイントがしっかり貯まる「楽天カード」がおススメです。アコムと同様に年会費は永年無料。ポイント還元率は1%~4%と高い水準で、学生を除く18歳以上であれば申し込みOK。審査も最短数分で終了します。電子マネー「楽天Edy」へのチャージでもポイントが貯まり、今重視されているキャッシュレス決済もオトクに利用することができるのです。ポイントもクレヒスも貯まれば一石二鳥だと思いませんか?

まとめ

クレジットカードやローンを利用したことが無い「スーパーホワイト」。もしこれまでクレジットカードやローンにアレルギーを感じていたのであれば、視点を変えて自分の信用貯金と思って使ってみることをお勧めします。まずは健全なクレジットヒストリーを貯めるために1枚目は、審査の通りやすいクレジットカードを選んでくださいね。

楽天カード

3.29

審査難易度低、スピード発行、オンライン発行、デザインカードで人気の高いクレジットカード『楽天カード』のカード券面

ポイント還元率
1.0% (最大8.0%)
おすすめポイント
基本還元率1.0%の高還元率カード!更に楽天市場での利用でポイント3倍!楽天グループを利用される方は是非持っておくべきカードです。
  • 審査難易度低
  • スピード発行
  • オンライン発行
  • デザインカード
年会費
初年度 二年目~
永年無料 永年無料
金利
ショッピング キャッシング
15% 18%
ポイント
  • ・還元率1.0% (楽天ポイント)
  • ・楽天グループ各サイトの利用でポイント優遇