選べる!探せる!クレジットカード徹底比較サイト

MENU

クレジットカードを探す

パリでお勧めのクレジットカードは?パリ9区のお勧めホテルとレストランを訪問して確かめてきました!

こんな人に
オススメ

  • パリ9区がどんなところか知りたい人、
    パリに持っていくべきカードを知りたい人
パリでお勧めのクレジットカードは?パリ9区のお勧めホテルとレストランを訪問して確かめてきました!|クレカマッチング

筆者がヨーロッパに旅行する際に必ず立ち寄りたくなってしまう街、フランス・パリ。 普段は、本サイト『クレカマッチング』の運営スタッフをしている海外旅行好きの筆者ですが、毎年、年に一度だけ休ませてませていただく1週間の長期休みを使ってGWにフランス・パリに行ってきました。

筆者はパリに行くのは実は5度目。といってもそんなにお金があるわけではないので、クレジットカードで航空会社のマイレージを一生懸命貯めては、 航空券を無料で予約し、口コミ旅行サイト「Tripadvisor」の口コミを見て調べては、リーズナブルで素敵そうなホテルとレストランを自分で予約して旅行を組み立てるのが趣味です。

今回は、筆者が実際に泊まったホテルと利用したレストランの紹介と、クレジットカード事情をご紹介します。

パリのホテル事情と宿泊ホテルのクレジットカード事情

ヨーロッパのホテルで、ある程度リーズナブルなホテルを探すと、お風呂はバスタブがなくシャワーのみが普通です。 またパリのホテルは、1泊200ユーロ前後のミドルクラスのホテルでも、部屋が狭い場合が結構あります。さらにホテルの周りの治安も気になります。パリでいうと右上モンマルトルの丘や、サクレ・クール寺院がある18区を含んだ18~20区は、一般的に治安が良くないとされ避けたいところです。その前提で筆者がパリでホテルを選ぶ条件は3つ。

  1. 「Tripadvisor」で上位15%以内のランキング
    パリには約2,000件のホテルの登録情報があるのでつまり300位以内です。
  2. バスタブ、ミニバー(冷蔵庫)付きの部屋
  3. 1泊120ユーロ以下(15,000円以下)

といったところなのですが、上記条件を満たすホテルはそうそうありません。そこで今回偶然に見つけたのがこのホテルです。

Hotel Acadia Astotel

パリ中心部の9区、オペラ座にも徒歩圏内に位置する『Hotel Acadia Astotel』の外観|クレカマッチング

パリ中心部の9区、オペラ座にも徒歩圏内に位置するこのホテル。 最寄り駅は地下鉄8号線と9号線が並走する区間にあるGrands Boulevards駅で、1回乗り換えすれば主要観光地には、どこにでも行けます。

Tripadvisorのランキングは300位前後とまずまず。レビューを一通り読みましたが、大きく気になるレビューはありません。 部屋にはもちろんミニバー、バスタブ付きで、エアコンもついています。 白とブルーを基調とした綺麗な部屋で、部屋の大きさも14~15平米と決して広くはないですが、パリのリーズナブルなホテルとしては十分な広さです。

『Hotel Acadia Astotel』の部屋の様子。白とブルーを基調とした綺麗な部屋で、部屋の大きさも14~15平米と決して広くはないですが、パリのリーズナブルなホテルとしては十分な広さです。|クレカマッチング

このホテルには3泊しましたが、ここを選んだ理由の一つはその安さです。 朝食ビュッフェ付きでなんと316ユーロ。 今回、良いホテルが見つからなかったら民泊サイトAirbnbも検討していましたが、こちらは朝食もついていますので圧倒的なコストパフォーマンスです。

さらに、このホテルが素晴らしいのは、部屋のミニバーには無料のソフトドリンクが入っています。 ミネラルウォーター×2、炭酸水、ペプシコーラ、オレンジジュースの5本です。飲むと次の日に補充されているのでとてもお得です。 またロビーには、無料の各種ドリンクとお菓子が置いてあるので、小腹が空いた時にいつでも食べられます。

『Hotel Acadia Astotel』の部屋のミニバーには無料のソフトドリンクが。ミネラルウォーター×2、炭酸水、ペプシコーラ、オレンジジュースの5本です。飲むと次の日に補充されているのでとてもお得です。またロビーには、無料の各種ドリンクとお菓子が置いてあるので、小腹が空いた時にいつでも食べられます。|クレカマッチング

立地も悪くありません。近くにはパリ名物の複数のパッサージュ(屋根付き商店街)があり、目の前にはスーパーもあります。本当にお勧めのホテルです。

ホテルの紹介はさておき、ホテル料金の支払いは現地で行いました。すると事件が!

普段、筆者がメインで使用しているカードは航空系のマイレージが貯まるVisaカードです。 そのVisaカードを、ホテルのフロントの方に渡して、カード決済端末にカードを通してもらったところ、カードを何度通しても、なぜか決済ができません。 磁気不良?限度額がオーバー?とか色々考えましたが、前日も(このホテルのチェックアウト後も)使用できたので何らかの別の理由だと思います。

ということでVisaカードでの支払いをあきらめてMastercardで支払うことにしました。 ちなみに、筆者は海外に行くときにはクレジットカードを3枚持っていきます。 一つはメインで使うVisaカード、Visaカードが万が一盗難にあっても大丈夫なようにと予備で持って行くMastercard、そして海外キャッシングには実は一番お得なセディナカードです。

このように海外ではカード支払いに関しても不測の事態が起こりえますので、異なるブランドの複数のカードを持っていくことをお勧めします。

ちなみこのホテルで使用できるカードは、Visa、Eurocard/Mastercard、American Express、Diners Club、JCBの5種類。 JCBはアジアで利用できる場所は多いですが、ヨーロッパでJCBが使えるお店は、珍しい感じがします。 まずはVisa、Mastercard、American Expressこのうちどれか2つのブランドのカードを持っていくことがお勧めです。できればVisa、Mastercardの2枚持ちをお勧めします。


Hotel Acadia - Astotel
4 rue Geoffroy Marie 75009 Paris
+33(0) 1 40 22 99 99
https://ja.astotel.com/hotel/acadia-opera-ja/overview

宿泊ホテル近くのレストランとクレジットカード事情

旅行の楽しみの一つはなんといっても夜の食事です。

筆者も当然お酒を飲みながらの夜の食事はいつも楽しみにしています。そして必ず予約して行きます。 今はインターネットが普及しているのでネット簡単に予約できるのが良いですね。

国や地域によっては、ネットの予約が普及していない場合もあるので、宿泊しているホテルの人に事前にお勧めレストランを聞いて、そこを予約してもらったりもしています。 筆者は旅先で行くレストランにはちょっとこだわりがあって、選ぶレストランには次の5つの特徴があります。

  1. 現地料理であること。
    パリなので当然フレンチです。
  2. ホテルの近くであること。
    お酒に少し酔っても、気軽に安全にホテルまで帰りたいです。
  3. リーズナブルであること。
    お金を出せばよいものというわけでもなく、旅行だからといって奮発していたらお金が無くなってしまいます。パリであれば2人でお酒も飲んで100~150ユーロに抑えたい所です。
  4. 「Tripadvisor」で上位10%以内のランキングであること。
    パリには約18,000件のレストランの登録情報があるのでつまり1,800位以内です。
  5. 完全な観光客向けでないこと。
    観光地のレストランは観光客向けであることは間違いないのですが、それでも現地の人も使うようなレストランに行きたいです。

その中で選んだレストラン2つをご紹介します。

Chez Max et Nico

ホテルの近くのフレンチレストランをTripadvisorで探していたところ評判の良かったのがこのChez Max et Nicoです。

ランキングは驚きの98位で期待が膨らみます。お手頃価格のフレンチで、接客も評判が良いらしく、地元の人にも頻繁に利用するレストランとのことです。 実際に行ってみた感じは、現地の人と欧米系の観光客の半々ぐらいです。アジア系は自分たちだけでした。 英語はなんとか話せるぐらいのレベルの筆者ですが、英語メニューもありオーダーには困りませんでした。

ホテルの近くのフレンチレストランをTripadvisorで探していたところ評判の良かったのがこの『Chez Max et Nico』|クレカマッチング
ホテルの近くのフレンチレストランをTripadvisorで探していたところ評判の良かったのがこの『Chez Max et Nico』|クレカマッチング

頼んだメニューは、コースで注文し、食前酒+前菜+メイン+ハウスワイン2杯で1人39ユーロ、2人で78ユーロ。日本円で約1万円と、 パリにおいてはとてもリーズナブルなお値段です。実際にドリンクは3杯で十分だったので、これ以外の金額はかかりませんでした。

食べた料理の名前はとても覚えられなかったですが、もちろん味は間違いなく美味しかったです。 サービスも良く、ギャルソンのサービスも、筆者の拙い英語のコミュニケーションに対しても常に笑顔で、こちらのテーブル状況を常に気にかけながら、料理を出すタイミングをコントロールしてサービスしてくれました。

お会計は普段使いのVISAカードで支払いました。 Chez Max et NicoではVisaとEurocard、Mastercardが使えました。 なお、Eurocardは日本ではあまり馴染みがないブランドですが、欧州では広く使われているブランドのひとつです。 2002年にはMastercardとEurocardは統合されましたが、欧州では未だにEurocardブランドの方が強いようです。


Chez Max et Nico
6 rue de Trévise 75009 Paris
+33(0) 1 42 46 62 23
https://www.chezmaxetnico.com/en/

La Régalade Conservatoire

こちらもホテルの近くのレストランをTripadvisorで探していたところ評判の良かったフレンチレストランです。 先ほどのChez Max et Nicoから歩いて数分、ホテルからも歩いて数分のレストランです。Tripadvisorのランキングは529位でまずまずです。 Tripadvisorの口コミを見ると日本人の来店も多いようです。(実際に行ってみたら、隣の席は日本人の男性2人で、聞こえてきた会話からは仕事の会食のようでした。)

メニューは前菜・メイン・デザートの3品を、数種類の中からチョイスするというもの。一人37ユーロ。 選ぶメインによってはエクストラチャージがあります。前菜の前にはお肉系のパテ、山盛りのピクルス、パンを持ってきてくれますのでボリューム十分です。 今回は白ワインのボトルを1本注文して、2人で140ユーロ。まずまずのお値段です。

ホテルの近くのフレンチレストランをTripadvisorで探していたところ評判の良かったのがこの『Chez Max et Nico』。前菜で名物料理のイカスミのクリームリゾットです。ニンニク風味の海老のローストが香ばしく、クリームチーズの泡風味が食欲をそそります。|クレカマッチング

こちらは、前菜で名物料理のイカスミのクリームリゾットです。ニンニク風味の海老のローストが香ばしく、クリームチーズの泡風味が食欲をそそります。

こちらも『Chez Max et Nico』の名物料理、デザートのスフレです。ふわふわなのですが、甘さちょっと海外風味で日本人には少し甘すぎるかなというぐらいです。|クレカマッチング

こちらも、名物料理のデザートのスフレです。ふわふわなのですが、甘さちょっと海外風味で日本人には少し甘すぎるかなというぐらいです。甘党の自分にはとっても美味しかったです。

出される料理は、かなりボリュームもあり、ワインと共に大満足でした! この付近のホテルを予約された方は、是非こちらのレストランに立ち寄ってみてください。

お会計の際に使用できるクレジットカードを確認してみると、Visa、Eurocard/Mastercard 、American Expressの他に、Carte bleueが使用できるとの事でした。 Carte bleueとは、フランスでよく見かける『CB』のロゴの決済ブランドで、フランス国内の各銀行が発行しているキャッシュカードとデビットカード機能を兼ね備えたカードです。 Carte bleueカードはフランス国民1人につき最低1枚は必ず所有していて、金銭のやりとりが発生する場所ではほぼ全てCarte bleueで支払いができるというもの。 Carte bleueの普及により、フランスは日本よりもキャッシュレス決済が進んでいます。


La Régalade Conservatoire
9 Rue du Conservatoire, 75009 Paris
+33(0) 1 44 83 83 60
http://www.charmandmore.com/la-regalade-conservatoire-presentation/

パリでお勧めのクレジットカードについて

パリを訪れる際にお勧めのクレジットカードは?|クレカマッチング

パリにもし行くならどのクレジットカードが良いのでしょうか?

昔からヨーロッパ圏ではMastercardが強いと言われています。 筆者はヨーロッパには8回程、パリには5回ほど行っていますが、MastercardとVisaのこのブランドは大体どこの店でも使えるイメージです。 American Expressは地元の人が多いお店など観光客を意識していな店では使えないお店も少しあり、JCBは、空港・ホテル以外は、ほとんど使えないイメージです。

お勧めは、今回のホテルのカード決済時に起きたVisaが使えなかったという不測の事態に備えて、まずはVISA、Mastercardの2枚持ちです。

また参考までですが、これはあまり知られていませんが、MastercardはVisaと比較して海外利用時のレートが若干有利な事が多いです。 例えば2018年6月の時点でVisaは100ユーロ=12,861.4367円、MasterCardは100ユーロ=12,848.23円と、0.1%ほどですがMasterCardの為替レートが有利になっています。 0.1%は僅かな違いのようですが、クレジットカードで10,000ユーロ決済をしたら1,320円前後の差が生まれます。

筆者のように、節約トラベラーには僅かな誤差ですが、沢山使われる方はMastercardをメインに利用することをお勧めします。それでは、Au revoir!

パリをはじめ、海外旅行で最も頼りになるクレジットカードは

パリへの旅行をお考えなら、セディナゴールドカードがおすすめです!

パリで使い勝手が良いMastercardブランドでの発行ができますので、クレジットカードが使えなくて困るという事はほとんどありません。 また、成田国際空港や関西国際空港といった主要な国内空港のラウンジが利用できる為、搭乗前もゆっくり快適に過ごせます。

更に、海外旅行に対応した最高1億円の傷害保険が自動で付帯する為、海外旅行中の備えも万全です。 この保険内容であれば、別途旅行用の保険に加入しなくても安心して旅行に出発できるでしょう。

空港ラウンジサービスや傷害保険が自動で付帯されるゴールドカードの為、年会費が6,000円かかりますが、 サービスの内容は他社の年会費1万円前後のクレジットカードを遜色なく、ゴールドカードの中では破格といっても過言ではありません。

更に、セディナカードなら海外キャッシング(ATM)を利用する事で、現地通貨への両替がとってもお得に! 現金を両替するよりもずっと安い手数料で現地通貨を調達する事ができます。

パリ旅行にお出かけする前に、是非とも作っておきたいクレジットカードです。

イチオシのクレジットカード『セディナゴールドカード』 イチオシのクレジットカード『セディナゴールドカード』

セディナゴールドカード

3.36

スピード発行、ゴールド、学生可、空港ラウンジ(国内)、空港ラウンジ(国外)、オンライン発行、デザインカードで人気の高いクレジットカード『セディナゴールドカード』のカード券面

ポイント還元率
0.5% (最大11.0%)
おすすめポイント
全国のセブン・イレブンで毎日ポイント3倍!セディナ一般カードの長所を継承しつつ、保険やラウンジサービス等のゴールドカード特典をプラス!
  • スピード発行
  • ゴールド
  • 学生可
  • 空港ラウンジ(国内)
  • 空港ラウンジ(国外)
  • オンライン発行
  • デザインカード
年会費
初年度 二年目~
無料 6,000円
金利
ショッピング キャッシング
15% 18%
ポイント
  • ・還元率0.5% (わくわくポイント)
  • ・セディナポイントモールの利用でポイント優遇